卵巣嚢腫(卵巣のう腫)を自然治癒する方法

手術や薬の後遺症を心配することもなく

再発することにおびえることもない

こんな自然治癒の方法があったなんて、、

卵巣は「沈黙の臓器」と言われているほど症状が出にくい場所。だから、卵巣のう腫は産婦人科の受診の際などに偶然に見つかることがほとんどです。

 

卵巣のう腫は命に関わる病気ではないといっても、頻尿や便秘、月経時以外の腰痛や腹痛などの苦痛を伴う病気です。さらに、もっと怖いのが腫瘍の根元がねじれる茎捻転(けいねんてん)という症状。かなりの激痛があり、吐き気、出血を伴い、場合によってはショックで意識不明になってしまうことすらあります。

 

そんな卵巣のう腫を改善させるための頼みの綱が薬なのですが、長い期間続けても一向によくならなかったり、副作用など体への負担は避けられません。さらに、手術を勧められたとしても、正常な卵巣を摘出するようなことは女性としては納得できるものではありません。

 

薬にしろ手術にしろ、常識と思われている解決策がもたらすものは痛みばかり。他の人には理解が及ばないとても深いものなのです。

 

しかし、
卵巣のう腫の治療には、薬も手術も必要としません。
後遺症や再発の心配のない自然治癒する方法が実はあります。

 

それが何かというと?⇒続きを読む

 

 

このページ  

 

当サイトについて

現在、女性のうち少なくとも4人に1人の割合で卵巣嚢腫(卵巣のう腫)をはじめ、子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人病を持っています。
これらの良性疾患は、命を脅かすような恐ろしいものではありませんが、女性にとってとても大切な妊娠や出産に関係が深く、日常生活にまで影響を及ぼすこともあります。また、それらの症状や治療法、手術療法にも様々な方法があり、実際の治療を通じて深い悩みを抱えている女性がとても多いです。
当サイトでは、婦人病の中で子宮筋腫とならび発生頻度の高い腫瘍である卵巣嚢腫(卵巣のう腫)を取り上げて情報提供しております。卵巣のう腫の症状や治療法、また手術の内容や卵巣摘出手術による後遺症などの不安をお持ちの方に、少しでも参考にしていただけるように「Q&A」や「体験談」をご紹介いたします。

このサイトのご利用に関して

このサイトでご紹介するQ&Aや体験談は、全ての方にあてはまるわけではありません。「一般的なQ&A」は、よくある一般的な内容を記載しております。また、実際に「医師にあったQ&A」や「体験談」は、特定の方のケースを取り上げてご紹介しております。
ですから、卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の症状、治療法、手術療法などに関する一般的な知識を得たり、あなたの状況に近い事例があった時に、他の方の体験談として参考にしてください。

医師の考え方によって、卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の治療や手術のスタンスは変わります

医師間で卵巣膿腫(卵巣のう腫)に対する治療や手術のスタンスはどうしても変わってきます。それは医師ごとに経験や、元々の素質も異なるからです。
治療法もそうですが、手術に対する考え方に一番その違いが顕著に出てきます。ある医師には手術を勧められ、別の医師からは手術を極力避けた治療法を提案されるような例はいくつもあります。
有名な大病院であれば安心ということは必ずしも言えません。看板の執刀医が転勤になったりすれば、レベルが下がるということもあります。また、宣伝費で左右される病院ランキング本では分からないものです。
思い込みや常識だと思っていることを一旦リセットし、たくさんの情報にふれて、もっともあなたに合った方法で卵巣嚢腫(卵巣のう腫)を改善されてください。

 

このサイトで多く読まれている記事

卵巣のう腫改善の体験談|食事療法で嚢腫が小さくなりました!

5センチ以上の卵巣の腫れ|手術しないで経過観察にできないか?

卵巣摘出手術の副作用や後遺症はありますか?

卵巣のう腫を改善する食事とか避けた方がいい食べ物はありますか?

卵巣のう腫治療の体験談|不妊治療中にのう腫が発覚しました